地域支援事業 | 札幌市東区の訪問看護、居宅介護支援、デイサービス 特定非営利活動法人HPT

〒065-0024 札幌市東区北24条東1丁目3-2 樋口ビル4階

当法人の地域支援事業の取り組み

 地域支援事業部門では、地域で住民が自立した日常生活を送ることができるよう支援するために、札幌市を中心に主に二つの事業に取り組んでいます。
一つは介護予防事業、もう一つは児童デイサービスへの派遣による支援事業です。
他、研修や大学・専門学校等への講師派遣や地域包括ケアに関する活動にも取り組んでいます。

介護予防事業

当法人の地域支援事業の取り組み  介護予防とは平たく言うと「寝たきり予防」といえます。これは元気なうちから運動などに取り組むことにより、介護が必要な状態になったり、寝たきりになってしまうことをできる限り防ぎ、"元気で長生きできる期間を延ばすこと"が目的となります。そのため、我々は公的機関である地域包括支援センターや介護予防センターと連携して、地域の運動教室などの集いの場において運動指導や運動の必要性に関する講話などを行っています。他にもリハビリテーション専門職の専門性を活かして、地域の介護予防が推進されるよう支援に取り組んでいます。
 「近所で弱ってきている住民がいる」、「町内で介護予防を進めたい」など地域への支援に関するご要望がございましたら、個人・組織を問わず一度ご相談ください。地域の関係機関と連携して支援させていただけるように調整いたします。

支援可能な内容

【 介護予防事業 】
●運動指導、運動プログラムの提案・助言
●介護予防に関する講話(介護予防概論、行動変容、住民主体の介護予防活動など)
●高齢者の体力測定に関する指導・助言
●住民への介護予防の動機づけ(効果測定、フィードバックなど)ノウハウの相談・助言
●介護予防活動を目的としたグループワーク・ファシリテーションの支援
●その他、地域包括ケア・介護予防に関する相談・助言(お問い合わせください)

児童デイサービスへの派遣による支援事業

 小学生から高校生までの学校に通っている障害児を対象に、学校の帰りや土曜日、日曜日、祝日などの学校休業日や夏休み、冬休みなどの長期休暇に利用される施設に、理学療法士が訪問して助言・指導させていただいています。
 具体的な支援内容の一例を紹介します。一つは放課後等デイサービスの活動の様子を実際に拝見することで、活動している姿勢を評価し、より良い姿勢の中で活動できるように助言を行う支援をしています。他には身体を動かす時間の中で個人個人に合った運動プログラムを提案し、職員や支援者に運動に関する助言や指導を行うこともしています。
 「デイの中で姿勢が悪く上手く子供たちが活動できていない」「身体を動かしたり、体操は行っているけどこれで効果はあるのか」など困っていることや支援に関する不安がございましたら、一度ご相談ください。

支援可能な内容

【 児童デイサービスへの派遣による支援事業 】
●デイサービスの見学による現状把握
●療育相談・指導
●活動姿勢の評価から活動できる姿勢の提案、必要に応じてポジショニングや環境調整
●個人個人に合った運動プログラムの提案
●職員や支援者に助言
●発達障害や小児疾患に関する講話等
●その他、相談・助言(お問い合わせください)

お問い合わせ先

特定非営利活動法人HPT 事務
〒065-0024
札幌市東区北24条東1丁目3-2 樋口ビル4階
TEL:011-733-3122